スポンサーリンク
スポンサーリンク

2008年04月02日

人探しの料金・相場を知りたい

探偵社・興信所の料金相場というものは、あってないようなものです。

探偵社・興信所によって違います。調査内容によって難易度がかなり変わってきますので値段もさまざまです。一部成功報酬にしていたりもします。

会社によってはサイトで料金表を出しているので、それを参考にしてはいかがでしょうか?



まぁ、10万前後はみておいたほうがいいと思います。

また、数社を比較してみて、料金があまりにも安すぎる場合は、ロクな調査をしないことがほとんどですので注意してください。 人気ブログランキングへ
posted by ミヤ at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵社・興信所について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

少ない手がかりでも捜査可能か?

探偵社・興信所が無料相談をしてくれるのなら、「○○という情報しか分からないのですが、人探し(人捜し)の調査をしてくださいますでしょうか?」というように、探偵社・興信所に相談してみるといいでしょう。

ただ、相手が己の力を過信して「できないのに、できる」と言ってしまう可能性があるので、その場ではすぐに調査依頼をしないようにします。

必ず、複数の探偵社・興信所に相談して十分に検討してから調査依頼をするようにしてください。


また、手がかりが少ないということは、その分、探偵社・興信所に手間をかけさせてしまうことになるので、料金は高くなると思っていてください。(会社によって違いますが) 人気ブログランキングへ
posted by ミヤ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵社・興信所について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どのように捜査・調査しているのか知りたい

基本的には、警察と似たような聞き込み調査をするようですが、時と場合によっては法律違反するような方法で調査するときもあるようです。
詳しくは分かりませんが・・・。

あらゆる面において、コネがありそうです。探偵社や興信所には元警察関係者がいることも多いですので、双方が提携しあって個人の力ではできないような調査ができます。

また、各地に支社を持つような大企業では、本社⇔各支社のイントラネットを構築して、情報共有をしながら調査を行っているところもあるようです。
タグ:捜査 調査 方法
人気ブログランキングへ
posted by ミヤ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵社・興信所について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

探偵社(興信所)の安心できる選び方

悩みを解決するために探偵を利用する場合、失敗しないための最大のポイントは信頼・安心できる探偵社選びです。

当ブログ右上にある検索窓から、「探偵社」と検索してみてください。

すごい数の探偵社・興信所のウェブサイトが検索結果に表示されるはずです。
なぜ、これほどまでに探偵業者が存在するかといいますと、日本では、特に免許や資格を必要とせず誰にでも開業できるからです。

つまり、「俺は名探偵!真実はいつも一つ!」といえば探偵なんです。

残念なことに全ての業者が良心的な探偵社・興信所とはいえないんです。依頼者の弱みに付け込んで、法外な料金を請求する悪徳業者も実際に存在します。

したがって、探偵社選びは慎重に行なう必要があるのです。


そこで、探偵社選びに失敗しないためのチェックポイントをいくつか挙げておきたいと思います。最初は1社だけに絞らずに、いくつかの会社をあたり、十分に話を聞いて検討したうえで選択することをお勧めします。


<チェックポイント>

1、探偵業届出番号は確認しましたか?
探偵社のサイトに行って、「探偵業届出番号 ○○県公安委員会 第○○号」を確認してください。どこかに掲載されている筈です。

2、事務所の所在地、代表者名等は確認しましたか?
万が一トラブルが発生した場合に大変です。また、電話番号が携帯番号でないことも確認。

3、営業年数を確認しましたか?
大体、5年以上営業している会社が望ましい。

4、料金はきちんと明示されていますか?
料金は調査日数に応じた基本料金、必要経費、成功報酬に分かれる。それぞれの金額をハッキリ教えてくれて、それ以上請求しないことを確約してくれる会社を選ぶべき。

5、料金が極端に安すぎていたり、曖昧ではありませんか?
料金が「5,000円〜」など、あまりにも安く曖昧な場合は要注意といえます。

6、調査方針(どのような調査するのか)は明瞭か?
依頼に対して、どのような調査を行なうか、事前に伝えてくれる会社は信頼できます。

7、入金を促したりしませんでしたか?
見積もりというのは、依頼者と綿密なプランニングをして初めて出せるものです。プランニングもろくにせず、入金を促したりする会社はダメです。入金後、連絡が取れなくなったりでもしたら大変です。

8、相談・面談・報告の際、事務所で面会しようとしてますか?
面会を拒むような会社は、実は事務所が無かったりします。トラブルになったときに困るので、面会可能な会社を選ぶべき。

9、見積書・契約書・領収書等の書面は確認しましたか?
書面が残っていないと、トラブルのもとになる可能性があります。

<話し合うべき項目>

1、細かい料金説明(延長料金、追加料金の有無)

2、万が一調査が失敗したときの対応

3、「成功報酬」の「成功」って具体的には何を指すのか(成功の判断基準)

4、調査料金の支払方法(一括、分割、後払い)


気持ちは分かりますが、焦って契約して悩みをさらに深まらせては本末転倒です。リラックスをして、落ち着いて選ぶようにしましょう。 人気ブログランキングへ
posted by ミヤ at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵社・興信所について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。